焼付塗装(金属塗装)とは


焼付塗装の特徴

  • 焼付塗装とは、金属製品(主に鉄・アルミ・ステン・真鍮・亜鉛ダイキャスト・アルミダイキャストなど)に塗装を行う方法の一つです。
  • 粉体塗料や溶剤塗料を塗布し、塗装皮膜(熱硬化性樹脂)を110℃~200℃の温度で一定以上加熱して焼き付けることによって皮膜が硬化します。
  • 金属焼付塗装は、美観のための装飾だけではなく、防錆性、耐候性を高め機能性を向上させます。
  • 金属を塗装する方法としては、焼付塗装、ウレタン塗装があります。弊社のメインは焼付塗装ですが、極端に板厚がある金属製品や大型の製品はウレタン塗装を行います。

焼付塗料の種類


有機溶剤

メラミン樹脂塗料 ・もっとも一般的な焼付塗装です
・耐候性・耐薬品性・耐摩耗性は平均レベル
・用途:電気機器、事務機器、金属製棚など
・色、艶自由
アクリル樹脂塗料 ・メラミン焼付塗装と比べると耐候性、耐薬品性に優れます
・用途:ショーケース、自動車部品、スチールサッシ、ブラインド、鋼製家具類など
・色、艶自由
フッソ樹脂塗料 ・超耐候性塗料
・化学的性質にも優れ、長期耐用を必要とする製品に使用
・用途:金属製外装パネル
・色、艶自由
エポキシ樹脂塗料 ・密着、耐水、耐薬品性に優れていますが耐候性が低く、主に下塗りとして使用
・色、艶制限あり

粉体塗料

通常粉体塗料の調色は300kgからですが、40kgから最短2週間での調色が可能です。
性能
粉体塗料の種類
物理性
耐食性
耐候性
耐薬品性
耐汚染性
エポキシ樹脂粉体塗料
×
ポリエステル樹脂粉体塗料
エポキシポリエステル樹脂粉体塗料
アクリルポリエステル樹脂粉体塗料
アクリル樹脂粉体塗料

[ 塗装大辞典へ戻る ]