トコウはSDGSにも積極的に取り組んでおります。

微生物分解による廃塗料の再資源化(ペレット化)の実現

また、廃塗料、廃シンナーに加え、塗料カス処理においては、微生物分解によるペレット化に成功しました。 この取り組みの実現は本当に大きな出来事で、今後、廃塗料、廃シンナー、塗料カスを産廃処理をせずに済み、今まで埋め立てをせざるを得なかった塗料カス等をペレットという燃料化にすることで、 環境問題の改善に大きく貢献することが出来ます。また、今後も、トコウは、この、つくる責任・つかう責任ということの追及に取り組んで参ります。

廃塗料のペレット化
廃塗料のペレット化

SDGS塗装 / 昭和女子大学との産学連携による「廃塗料を使用した製品開発」

トコウはSDGSにも積極的に取り組んでおります。 その中でも特に力を入れているのは、廃塗料と、塗料カスの処理です。 毎年、約3トン以上出てしまう余った塗料と、大量の塗料のカス。これを何とか出来ないかと、昨年からSDGS塗装というサービスを開始しました。

当社の在庫塗料であれば、塗料代は無料にします。というサービスです。
これにより、今までは産業廃棄物として捨てることしかできなかった廃塗料を少しでも多くの方々に使用していただくことが出来ております。
また、昭和女子大学デザイン学科との産学連携による「廃塗料を使用した製品開発」。こちらも昨年からプロジェクトを開始しております。

廃棄塗料への取組